看護師は求人が多い職種と言えます

私たちは学校を卒業すると生活費を得るために就職することになります。出来れば長く働き続けられるように手に職を付けておいた方が賢明と言えるのです。中でも看護師の資格は長く働き続けられる資格として有効なのです。資格の中には役に立たなかったり、需要が長続きしないものもあります。ですが看護師の資格は現在でも大きな役割を持ち、これからの将来も需要が減る事は考えられないのです。ですから年を重ねてからも働き続けられる資格として有効なのです。私たちは仕事を探す時に求人に応募することになります。

看護師の求人はいつでも多く、途切れる事がないものなのです。ですからいつからでも働く事が出来、長く働き続ける事が出来るのです。求人が多い職種は将来にわたって働き続けられることを保証してくれるものです。ですから看護師の資格はリタイヤするまで働き続ける事が出来るありがたい資格なのです。看護師は求人が多いので、安心して資格を取得する事が出来ます。

看護師へ転職を決意しました

私は前職で事務系の仕事をしてました。夫 子供2人の4人家族ごくごく一般的な家庭です。この数年の不景気の影響で夫の給料は2割カットされ子供達も成長し家計的には夫の給料だけでは難しい状況になりました。私は会社員として働いていますが将来の事を考えると少し不安になり始め転職を考えるようになりました。

学生時代から看護師に興味があったので、看護師になるためにはどうしたらよいかと、いろいろと調べると国家資格が必要という事また専門の学校に通わないといけない。当時38歳あきらめかけていました。知人に看護師の方がいたので話を聞く機会がありいろいろ聞いていると、年齢的な制限はないという事、私ぐらいの年齢の方も学校に行っておらるという事、何より自分がなりたいかどうかという事が重要だというお話を聞けました。

きっかけは、夫の給料体系でしたが私が学生時代の人のために何かしたい。という気持ちが込み上げてきました。正直年齢的な面では一からの勉強と家庭の両立は難しかったですが、家族の協力もあり2年間学校に通い無事一発で国家試験に合格する事ができました。看護師としてはまだまだ新米の私ですが、「人のために」何かをしているという充実感で毎日頑張っております。

潜在看護師を掘り起こすためには

看護師不足は、医療業界では常に話題になっています。統計上、看護師免許を持っている人は現在の日本の医療機関を十分に潤すことのできる数だけいます。しかし、不足状態が蔓延しているということは、免許を持っている方が家庭に入られて看護師業務に従事されていないという問題があるからなのです。この潜在看護師を掘り起こすためには、いろいろな試行錯誤が行われています。

例えば、小さなお子さんを抱えた看護師さん向けに院内保育所をもうけるという方法、病児保育所と併設する方法です。これにより大切なお子さんを勤務する病院の敷地内に預けることができ、お母さん看護師にとってはとても安心できる保育所となります。また、子育ての終わった看護師でもご主人の希望などで当直勤務ができないため、興味のある医療機関でも応募できないケースに対処するため、当直なしで雇うという方法もあります。いわゆる、日勤常勤という制度です。

このように、いろいろな手立てで潜在看護師の掘り起こしを行っており、3Kではなくずいぶん働きやすい環境となってきました。

夜勤と子育ての両立は非常に難しい…

ワーキングマザーである看護師にとって、夜勤と子育ての問題は永遠の課題ともいえますね。
後から考えると子育て期間というのは非常に短いものですから、どう乗り越えるかが子どもの人格形成や看護師としての将来にも影響してきます。

http://xn--u9jxfxa1jv11q51h70is15cmozb.com/yakin-kosodate.html

上のページにもあるようにやっぱり夜勤で悩んでいるナースは多いですね。頑張って乗り切りましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ