認定看護師とはどのようなものか

認定看護師とは、ある特定の分野において高い技術と豊富な知識を有していることの認定を受けた看護師のことを指し、一般的な看護師よりも高水準の看護の実践が期待されている看護師です。 認定看護師になるためには、看護師免許を取得後に実務研修期間が最低でも通算して5年以上あることが要求されています。

もちろん、その条件を満たしているだけで資格を付与されるわけではなく、6ヶ月かけて615時間以上の認定看護師教育課程を修了し、筆記試験に合格しなくてはなりません。試験に合格すれば、認定看護師認定証が交付されますが、この資格は一度取れば一生涯有効なものなどではなく、5年ごとに更新する必要があります。

医療技術は日々進歩していますので、看護師も常に勉強して新しい知識を習得する努力を続けることが求められています。はるか昔に取った資格に安住しているようでは、本当の意味での良い看護を提供することはできませんので、認定看護師資格を有している人には、絶えることのない自己研鑽が義務付けられています。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ